コントロール製とパフォーマンスに優れる

Fireballをつけた瞬間からこのボールとソケットによるシステムの違いを感じてもらえるでしょう。Fireballはライダーのコアに直にカイトからのパワーが伝わり、カイトがコアを引くように設計されています。従来のシステムに比べて、体の動きとカイトの動きが今まで以上にダイレクトにつながった感覚を体感できます。

安全システムを簡単に作動

Fireballでもカブリナの1X安全システムを採用しています。1X安全システムを操作するために必要な動作はクイックリリースを引き上げるだけです。クイックリリースを作動させれば1Xランディングラインにダイレクトに荷重がかかり、カイトは直ちにデパワーして水面か陸上に落下し留まります。さらにリーシュの手元側にあるQR2を上に押し上げるだけで、カイトとライダーは完全に切り離されます。

さらに快適に

Fireballとソケットのインターフェイスは一箇所に固定されいるわけではないのに体に近い場所でしっかりと保たれています。ロープロフォイルのデザインなので、カイトが頭上に上がっている時にスプレッダーバーがずれ上がることを防ぎます。従来のフックとループを使ったシステムより、カイトが体を上に引く力は50%も軽減されるというデーターがあります。

2.9秒で再接続

QRを再接続するには、タワー内にピンを差し込みタワーを元の位置に戻すだけ。再接続にかかる時間は3秒弱です。

自動ロックにより安全安心

Fireballがユニークな点は内蔵されたロックゲートを持つことです。ループと安全ピンによるシステムと違い、ロックゲートはスプレッダーバーについています。操作方法は極めて簡単なので、カイトを上げながらロックしたりロックを解除したり、片手で操作することができるのです。このシステムの登場で今まであった安全ピンが必要なくなり、その装着/脱着時の面倒な操作もなくなりました。

安全面を十分に考慮

Fireball全体がシステムに内蔵されています。その機能をしっかりと作動させるためにはあらゆる要素をコントロールする必要があります。従来のループとスプレッダーバーを使い接続されているシステムでは、機能が100%作動する保証はありません。Fireballならば安全に対するプロセスはすべてコントロールできます。すぐに完全に作動できるのです。

制限のない自在な動き

従来のフックとループによるシステムの場合、カイトがウインドウの端から端に移動するとき、動きが制限されます。安全ピンを使った場合はさらに動きが滞ります。Fireballはカイトがウインドウのどの位置にあっても、一切動きに制限を与えないシステムです。

フックが落ちることはありません

Fireballは独自の構造で自動的にロックし、不用意にフックが外れることはありません。

あらゆるハーネスをアップグレードできる

ボールとソケットによって高さがない構造になりました。抵抗なく自在の動きを実現するこのシステムなら、お手持ちのあらゆるカイトとハーネスをコントロール性、安全性、快適さの面でアップグレードできます。

開発した理由

なぜ今までループとフックのシステムを使ってきたのでしょうか?このシステムはウインドサーフィンの創世記に生まれたアイディアで、カイトのためにデザインされたものではありません。カイトボーディングではかかる荷重がウインドとは完全に異なり、ウインドよりしっかりとした接続が必要とされています。そのためカブリナは根本を見直してこのシステムを開発しました。Fireballはカイトの動きだけを考慮し開発デザインされた、カイトボーディングだけのための接続システムなのです。

 

REVIEWs