サーフ

Sizes:

 4.5 / 5.5 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13

Rider Profile:

サーフィンとサーフ・フリースタイルのために最高のカイトを求めるサーファーに。

Design Profile:

3バテン、ハイブリッド・デザイン、コーン型のウイングチップ、ブライダルセッティングのオプションが2箇所

カイトサーフィンのためにデザインされました。ドリフターはドラフト時の安定性、精密なターン、直ちにpわーの出し入れができるカイトです。メンズ、ウィメンズともにワールドツアーのカイトサーフィン・ウェイブ・チャンピオンシップで表彰台に上る選手が使うカイトでもあり、ウェイブライディングに必須要素を全て備えています。絶妙な位置に配置された3本のエアバテンが、カイトのシェイプをコンパクトに保ち、正確なターンもパワーの出し入れもライダーの思う通りに動くカイトです。オフショアとオンショアで付け替えるブライダルのオプションがパフォーマンスの幅をさらに広げます。またスラッグライン・ドリフトの性能が高いことも特徴です。これは波に乗っている間、カイトが風下でドリフティングし上空にとどまる性能です。ドリフターは波の適所にドロップインのために最短距離でライダーを運び、カービングターンをするときにはカイトのパワーをライダーに感じさせない性能を備えているのです。この優れた性能によって、ドリフターは6年連続でウェイブ用カイトとして高い人気を誇っています。

Features & Benefits:

  • サーフ専用カイト
  • 業界一優れたスラッグライン・ドリフト機能
  • オンショアとオフショアに完璧に対応するオプション
  • 精密なターン
  • 必要なときにパワーアップし、波に乗るときパワーが0になるのでサーフィンの感覚を満喫
  • 非常に高いリランチ性能
  • カイトの加速と減速を瞬時に
  • サーフボード、スキムボード、ウェイクボードと合わせて優れたサーフフリースタイルを実現

Wind Range

Style Selector

Attributes

Technology

クオリティが高い編素材でできたカブリナのラインは、カイトサーフィンのために特別にデザイン製造されています。ボラエ素材はカブリナカイトの性能を引き出すよう、精密かつ一定のクオリティを保って作られています。カブリナの2DRダブル・リップストップ素材は軽量かつ耐久性が高いキャノピーで、伸びない素材です。ライダーがカイトを引き込んだ時、直ちに反応しながらシェイプをロックする高性能カイトには必須な素材です。

すべてのカブリナカイトはスケルトン・フレームを構造の基本にデザイン、製造されています。もっとも丈夫な素材、160gsmダクロンをフレームに配置してシェイプをしっかりとしたものにすることから始めました。その後軽量なキャノピーでシェイプやプロフォイルを整え、補強が必要な箇所に53gsmのポリエステル製編込素材を使いました。 キャノピー素材の強度は、多くの加重がかかるバテン部分に53gsmのツープライ素材を2番目のレイヤーに使うことで高めています。さらにカイトのウイングチップやトレーリングエッジなど非常に多くの加重がかかる箇所に75gsm、ダブルリップストップを補強材として配置しています。 最後にモールド加工のEVA摩擦防止プロテクターやリーディングエッジのプロテクターを取付け、カイトの中心のもっとも加重がかかる外側のシームに3重のステッチをかけます。さらにリーディングエッジのクロージングシームには編込ナイロン製のリボンでシール補強します

ダイナミック・アークによってカイトに2つの独特なシェイプをつくることができます。弧を狭くすればターンスピードがアップします。また弧を広げれば、海上でリランチしやすいカイトとなります。 上空で空気をはらむフロントラインにテンションがかからなくなるとすぐ、カイトは飛行時のシェイプになります。もっとも効率よく飛行するためにシェイプです。ブライダルによってアークの形は正しい位置に保たれます。 ダイナミック・アークのシェイプはカイトが飛行せず水上で休んでいるとき、リランチモードの時に発生します。素早いリランチをできるだけ簡単に行えるよう、スパンを開きウイングチップの位置を移動させます。

新しくなったスプリント・インフレーション・システムは、まったく新たに設計デザインしたパーツで、エアフローを今までより格段レベルアップしました。効果的なシステムなので、カイトをポンプする時間を短縮し、さらにセッションの後で素早く空気が抜ける構造です。大きなエアロックバルブは一箇所で、そこから全てのバテンに直ちに空気を送り込みます。エアロックはスプリントポンプに直に取り付けられるので、接続に他のパーツは必要ありません。一度膨らませれば、ロックを外して全体で圧を保ってしっかりとしたフレームを保つことも、またロックを使って不慮に空気が抜けてしまうことも防げます。セッションが終われば数秒で空気を抜き去ることができます。

パワーコントロールは瞬時にパワーレベルを調節することができるシステムです。リアラインのピッグテイル接続部分は3箇所あり、その設置場所を変えることでパワーを調整できます。中央位置は工場出荷時のセッティングでお勧めのポジションです。ノットの位置をカイト寄りに付け替えればカイトパワーが強まり、ノットをライダー寄りに移動させればパワーが弱まります。

スラッグラインドラフト:サーフィンには波に乗る時にカイトをただちにデパワーできることが大切です。カイトの牽引力を必要としない時があるからです。そういった状況のとき、ドリフターは上空に浮いた状態を保ち、ライダーと共に風下に流れていきます。そしてライダーがカイトのパワーを再び必要になったときにはただちにパワーアップし、次のセッションに備える走りをするのです。

1X安全システムは単なるデパワーシステムでなく、パワーを完全にシャットダウンするシステムです。1Xは陸でも水上での、あらゆる風のコンディションでただちにパワーをシャットダウンできるよう1本ラインのシステムです。

ウイングチップのオプション:今モデルにはカイトの飛び方を全く違うものに変えるチューニングオプションを設置しました。このオプションはバーにかかる加重をカスタマイズしたり、ウインドウのどの位置にカイトを上げるかという調整、パワー/デパワーのバランスを変えることもできるシステムです。

カブリナではすべてのセッティングをご自身でテストしていただき、ご自分にマッチしたセッティングを探していただくことを強くお勧めします。

A = バーにかかる加重が最も弱く、ステアリングが軽く行えるセッティング
B = カイトから手やバーにかかる加重が大きく、素早くデパワー操作ができ、カイトの場所が分かりやすいステアリング感があるセッティング

サイドショア/オフショアのセッティングは、サイドとオフショアで必要なウェイブライディングのためのパフォーマンスをアップ
サイドショア/オンショアのセッティングでは、サイドショアとオンショアで必要なウェイブライディングのためのパフォーマンスをアップ